波長

陰金田虫(インキンタムシ)という病気は20〜30代の男の人多い傾向があり、大体股間の辺りだけに広がり、激しく身体を動かしたり、風呂に入った後など全身が温まると猛烈な痒みを誘引します。
UV-Bは、UV-Aよりも波長が短いという特性があるため大気中のオゾン層を通る際にその一部分が吸収されるものの、地表に達したUV-B波は皮ふの表皮内で細胞のデオキシリボ核酸を傷つけてしまうなど、皮ふに悪い影響をもたらすことが明らかになっています。
ちょっとした捻挫だと決めつけて、包帯やテーピングテープなどでとりあえず患部を固定し、様子を見るのではなく、応急処置が終わったら一刻も早く整形外科で診察してもらうことが、快癒への近道となるのです。
体を撫でることなどで、高齢者がセラピードッグのことをすごく愛おしいと思うと「絆のホルモン」ともいわれるオキトキシンが分泌されれば、ストレスを減らしたり心の癒しなどにつながるのです。
針を皮膚に刺してもらう、というフィジカルな程よい無数の刺激が、神経細胞を興奮させて、神経インパルスという呼称の謂わば電気信号伝達を誘発するのではないかという見方が浸透しています。
前立腺はその活動や成長に雄性ホルモン(男性ホルモン)が密接に関連しており、前立腺に発現したガンも同じく、アンドロゲン(男性ホルモン)の作用で肥大化してしまいます。
むねやけが特徴の逆流性食道炎は、3〜4日ちゃんと薬を飲めば、一般に90%近くの人の自覚症状はゼロになりますが、かといって食道の粘膜のダメージや炎症が完全に治ったとは言い切れません。
うす暗い場所では光不足でものが見えにくくなりますが、更に瞳孔が開くため、眼球の水晶体のピントを合わせるのに余分なエネルギーが使われてしまい、明るい場所でものを見るより疲労が大きくなるのです。
肥満(obesity)は勿論あくまで摂取する食物の栄養バランスや運動不足が因子になっていますが、量は変わらないごはんであれ、慌てて食べ終わる早食いを日常化することによって体重過多に陥っている肥満の状態を招く可能性が高まります。
悪性の腫瘍である女性の卵巣がんは、元来、人間の体をがんから保護する作用を持つ物質を生産するための型ともいえる遺伝子の異常によりかかってしまう病気だと言われています。
チェルノブイリ原発の爆発事故の後追い調査のデータをみると、体の大きな成人に比べて若い子供のほうが飛んできた放射能の有害な影響をより受けやすくなっていることは明らかです。
肝臓をいつまでも元気にキープし続けるためには、肝臓の有害物質を分解する作用が低くならないようにすること、つまり、肝臓を老化させない対策を実践することが有効だと考えられます。
塩分と脂肪の摂取過多をやめた上で自分に合う運動に尽力し、ストレスを溜めすぎないような毎日を続けることが狭心症の主因となる動脈硬化を未然に防ぐコツだといえます。
毎年違うタイプが流行する季節性インフルエンザワクチンでは、膨大な研究の成果により、予防の効用が見込まれるのは、ワクチン接種した2週後位から150日ほどと言われているようです。
花粉症の緒症状(水っぱな、鼻づまり、クシャミなど)のために夜間しっかり眠れない場合、それが主因で睡眠不足の状態になり、翌朝起床してからの行動に悪影響を及ぼすこともあるのです。